プログラマー向けの副業について

ネットでできる副業としてプログラミングを教えるという副業があります。
これは言ってみればプログラマーの方が開いている時間にプログラミングを教えたり、わからないところや質問に答えるなどのお仕事です。
雇用については、クラウドソーシングなどでお仕事を仲介しているサイトでプログラマーとして登録してプログラミングを教えてあげたり、インターネットプログラミング教室の先生として在宅にてプログラミングの先生として働くなどという雇用形態になります。
このネットビジネスの利点ですが、空いている時間で時間給でお仕事ができることです。
その為、1時間当たり働くとお給料が支払われるという仕組みなため、空いている時間で1時間位あれば、登録している仲介サイトからプログラムの講師としてお仕事を得ることができるということです。
ちなみに、こういったサイトに登録をしてお仕事を貰う形態が多いのがプログラミング講師のお仕事ですが、実は他にもプログラミングを教える講師として働く方法はあります。
例えばツイッターやSNSを通して自分をプログラミングを教えることができる先生であると売り込み、インターネット上でやり取りをしてプログラミングを教える方法などがあります。
教える方法については直接依頼者に会い教えてもよいですし、レンタルオフィスを借りてまとめてプログラミングを学びたい人を教えてもよいのです。また、インターネットをフルに利用し、webカメラを利用してインターネット教室みたいな感じでインターネットを利用し在宅にて講師のお仕事をしてもかまわないのです。
このプログラムを教えるということについてのお仕事の利点ですが、利点としては定年が無いのです。ゲームプログラマーですとか企業に雇われるタイプのプログラマーの場合30才を過ぎた場合、優秀であっても新しい言語を扱うことは難しいという風潮があり、首になることが多いのです。ですが、プログラミングを教える先生というものは年齢に関係なく、その言語を扱うことができるかどうかです。
もちろん、教えを乞う方からの質問に適切に答えてあげるなどのスキルは必要ですが、定年がないということと、これ自体を本業にしてやっていけるということから、現在、インターネットを利用したプログラミングを教えるお仕事というのは需要があります。
需要が増えた理由としては、小学校におけるプログラミングの必修化など、国自体がエンジニアやプログラマーの確保に力を入れているためニーズがあるネットビジネスとして成り立っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です