高額な資金の無い時のための株式会社Rafioのマネーバンク極

高額な資金の無い時のための株式会社Rafioのマネーバンク極

『株式投資を始めたいけれど、いきなり大金をつぎ込むのは不安』というのが株式投資未経験者の本音です。そんな人たちに最適なのが、株式会社Rafioマネーバンク極を活用した効率の良い投資副業です。そしてそういったサービスを利用して取り組むと効率的にできるのはネット証券から提供されている「単元未満株」(たんげんみまんかぶ)です。

●単元未満株とミニ株の違い
株式取引では1単元100株という、取引の最低単元(株数)が決まっています。従って、1株の株価が1万円だと100万円、5千円でも50万円が必要になり、買いたい株式が買えないということになってしまいます。そんな時に単元未満株を利用すれば、なんと1株から株式を購入できます。株式投資の未経験者が知識やスキルを高めるための取引方法にはぴったりです。

なお、単元未満株に似たものとして「ミニ株」がありますが、両者の主なスペック上の違いとして以下があります。どちらも証券会社から購入することに変わりはありません。(左:単元未満株、右:ミニ株)
・売買可能銘柄:ほぼ全ての上場銘柄/証券会社指定の銘柄のみ
・売買単位:1株単位/最低単元の10分の1単位
・手数料(通常取引と比較):やや高い/高い
・売買:1日1~2回/1日1回
・株式の名義:投資家/証券会社
・配当金:受領可能/証券会社を通じて按分額を受領
・株主優待:受領可能なものもあり/不可

●単元未満株の特徴
単元未満株の特徴としては以下が挙げられます。
・銘柄の選択
ミニ株とは違い、希望する銘柄を購入できます。ただ、証券会社によっては、扱っていない銘柄もあります。

・配当金、株主優待の受領
単元未満であっても、所有している株式数に応じて配当金を受取れます。株主優待に関しては、実際にはもらえないことがほとんどですが、企業によっては株主優待を提供しているところがあります。

・単元株への変更
単元未満株を買い増しすることで最低単元に達すると、単元株として保有することになります。単元株になれば当然、株主総会での議決権が得られますし、株主優待も受けられます。

・手数料が割高
単元未満株のデメリットとなるのが、売買手数料が単元株の取引に比べるとやや割高になる点です。

・1日2回の成行注文のみ
単元未満株の購入機会は1日に2回(ワン株は1回)しかなく、前場の始値か後場の始値に決められています。また、指値での注文ができず、成行での注文になるため、購入したい価格からずれた価格で約定することがあります。

●単元未満株の売却
単元未満株は少額から投資ができて魅力的ですが、ただ売却ができないと意味がありません。そんな心配が要らず、単元未満株は売却も可能になっています。購入時と同じように、前場または後場の始値で1株から売却できます。

また、証券会社を通じて、株式の発行会社に「買取請求」を出すこともできます。買取請求における買取価格は、証券会社から委託されている「株主名簿管理人」に書類が届いた日の終値になります。一般的に、書類が証券会社に届いた日の翌営業日の終値になることが多くなっています。なお、買取請求の場合は、別途手数料がかかります。

株式会社Rafioのマネーバンク極について詳しく知りたい方はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です