バイナリーオプションのおすすめの勝ち方

バイナリーオプションをやっている方は、1分取引や30秒取引など、大いに判定が短いトレードをされる方が多々あるです。当然短くても勝てるのですが、見当無理な突発的な時価の動きで負けてしまう事、エントリー回数の増加やエントリーまでの下拵えが短い事による決断ミス、短期間であるほど時価が上下に動かず引き分け負けになってしまう、などなど。勝率がわりと下がる性質にあり、勝ち続けていくのはとても敷居が高いです。加えて、低元金の方は良いですが、大きな値段をベットするとなると、例を挙げると、バイナリーオプション証券企業のハイローオーストラリアを例に取ると、1回辺りのベット上限が20万円までになってしまいます。なので、1勝負に20万円以上をベットするトレーダーは判定時を長めにとっていくつかの立場を1勝負に打つという形になります。必須度が低い指標であれば無視しても良い事例がありますが、一例を挙げれば採用統計や失業率、要人(日本であれば日銀の黒田総裁)の発言など、大きく時価が動く指標がある前後の時はエントリーを避けるなど対策をする事が大事です。

さらにエントリーを避けるキーポイントとして、マーケット開放時の前後は多くのトレーダーが参入する時帯でもあり同じくに見当出来ない動きになる事が多々あるです。バイナリーオプションだけの学習をしていると、小手先のロジックやエントリールールのみを勉学するだけで、正しいチャートの見方を学ぶ事が疎かになっている人が多々あるです。FXで見るチャートもバイナリーオプションで見るチャートも同じですし、時価を動かしているのは、FXトレーダーですので、FXの知識を付ける事はバイナリーオプションの勝敗を大きく左右します。

例を挙げると、アフターケアライン、レジスタンスライン、流行ライン、ダイバージェンス、三角保ち合い、ピボットライン、フィボナッチ、直近高値・安値、窓開け・窓埋め、ダブルトップ・ダブルボトム、ダウ理論、グランビルの法則、マルチタイムフレーム分析、などなど。これらのワードを知らないバイナリートレーダーは多々あるかと考えます。自身の中でエントリーをする瞬間(ロジック)が決まっている時、エントリーの瞬間が来たら片っ端からエントリーするのではなく、過去の時価を分析して、勝率が高いキーポイントでエントリーをします。勝ちやすい通貨、時帯、HighかLowか、判定時刻が長めか短めかなどなど。

エントリーする前に、過去時価に遡ってバックテストを行い、勝率計算をあらかじめ行っておけば、勝率が低いチャンスにエントリーしてしまうのを避ける事が出来ます。取引する前も、取引後もメモ帳やExcelなどに勝率や取引詳細を記載します。普通に過去の時価は目下も繰り返される事が多々あるです。同じような動きをする見込みが高いというだけで必ずそう動くとは限りませんが、根拠を増やす上で大いに強い決断原材料になります。例を挙げると、5%を上限と決めた時、100万円の元金のなら1ベット5万円までという事です。1度負けた後にヤケになって、設定した上限価格より多々ある値段をベットしてしまう方がいますが、それでは、正しく元金管理が出来ているとは言えません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です