バイナリーオプションのメリットと追証

外貨は、たまに大きくレートが動くことがあります。状況によっては追証が発生してしまう事もありますから、注意が必要です。しかしバイナリーオプションは、また事情は大きく異なります。バイナリーオプションであれば、金融会社に対する借金も生じないからです。

重大ニュースによって追証が発生する

何か重大なニュースが流れた時などは、いつも以上に外貨のレートが動くケースは実際あります。普段は1日に0.5円しか動かない外貨でも、重要なニュースが流れてきた時には、5円や10円ぐらい動く事も実際あります。
その時にFXのポジションを持っていると、かなりの損失が生じてしまう事があります。一瞬の内に借金ができてしまう事もありますから、注意が必要です。
例えばFX業者に預けている総額は、100万円だとします。ところがある時に重大なニュースが流れてきて、外貨のレートは大きく変動しました。その結果、一瞬にして200万円分の損失が発生したとします。
この場合、金融会社に対して100万円ぐらいの借金ができてしまう事があるのです。いわゆる追証という状態になってしまい、返済困難になってしまうケースもあるので、注意が必要です。現に過去には、スイスフランが急上昇した時に、追証が頻発した事もあります。

バイナリーオプションには追証は無い

ところで冒頭でも触れた通り、バイナリーオプションはその限りではありません。
バイナリーオプションも、FXの一種ではあります。ただFXとは大きく異なる点があって、たとえ外貨のレートが激しく動いた時でも、動くお金は変わらないのです。
例えばバイナリーオプションの取引画面にアクセスして、とりあえず500円分のチケットを買いました。ところが買った後に、外貨のレートは激しく動きました。一気に10円分ぐらい動いたとします。
その場合、通常のFXであれば10円分ぐらいの損益が発生する訳です。上述のように、追証が発生してしまうケースもあります。
ところがバイナリーオプションの場合は、あくまでも500円という損益幅に限定されるのです。外貨のレートがどれだけ大きく動いても、500円以上になる事はありません。
つまりバイナリーオプションで取引している分には、金融会社に対して借金ができる訳ではないのです。それを考慮すると、FXよりは安全な一面があるでしょう。
しかも通常のFXと比べると、バイナリーオプションの方がシステムも簡単です。注文方法もシンプルですし、取引しやすいという声も多いです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です